地域と共に生き、地域と共に歩み、地域と共に栄える。

げんでんふれあい茨城財団は、ふれあいとゆとりのある地域社会の実現をめざしています。

  • 令和3年04月01日
  • 第24回げんでん科学技術振興事業の実施[主催:当財団]
    茨城県内の小学校・中学校・中等教育校・高等学校及び特別支援学校の学校単位(児童生徒のグループ、学校、部活動、同好会等)に科学技術に係る調査・研究計画を公募しています。詳細は、事業内容の「第24回げんでん科学技術振興事業の実施」をご覧ください。
    【詳細はこちら】
  • 令和3年04月01日
  • 令和3年度事業計画及び収支予算決定
    令和3年度事業計画及び収支予算が決定しました。
    【詳細はこちら】

地域と共に生き、地域と共に歩み、地域と共に栄える

 げんでんふれあい茨城財団は、⽇本原⼦⼒発電株式会社が創⽴40周年を機に、記念事業の⼀環として地域社会との協調関係の⼀層の強化並びに地域共生の観点から、その事業基盤を置く茨城県内における芸術・文化活動を積極的に支援・育成し、豊かな地域文化の振興・発展に寄与していきたいと念願し、平成9年12⽉に設⽴された財団です。
 その後、平成24年10⽉1⽇からは、公益財団法⼈として改組し、多くの皆様のご支援をいただきながら、茨城県の美しい自然、歴史等の地域資源を活用し、芸術・文化の香り高いまちづくり、地域伝統文化・科学技術の振興及び「ふれあい」と「ゆとり」ある地域づくりに寄与する事業を継続してきております。
 この財団が地域団体等から信頼され、地域に根付き、「ふれあい」と「ゆとり」ある地域づくりに貢献できますよう、役職員⼀同、業務に邁進する所存でございます。今後とも引き続き、ご支援賜りますようお願い申し上げます。

公益財団法人げんでんふれあい茨城財団
理事長 村部 良和